So-net無料ブログ作成
検索選択

<名護市長選>24日に投開票 普天間移設に影響(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)移設に影響する沖縄県名護市長選は24日、投開票される。前市教育長の新人、稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新推薦=が普天間の県外移設を主張し、現職の島袋吉和氏(63)はキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古=へのこ)への移設を条件付きで容認する立場。開票は午後9時15分、名護市民会館で始まり、同日深夜に大勢が判明する見込み。

 移設先の再検討を進める鳩山政権は辺野古移設も選択肢に残しているが、稲嶺氏が当選した場合、名護市は移設を拒否するとみられることから、市長選は移設問題の行方に大きく影響する。

 島袋市政下で教育長を務めた稲嶺氏は、島袋氏の基地対策などに批判的な保守系市議が擁立。反自公勢力も「辺野古移設反対」で稲嶺氏と一致し、推薦した。

 前回市長選後に、滑走路2本のV字案で政府と基本合意した島袋氏はその後、騒音軽減を理由に建設場所の沖合移動を主張。沖縄県の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事や、自民、公明が支援している。【三森輝久】

【関連ニュース
三木市長選:薮本吉秀氏が再選
南相馬市長選:桜井勝延氏が初当選 現職を破る
枕崎市長選:神園征氏が返り咲き 現職を破る
名護市長選:首相、移設検討への影響の可能性認める
名護市長選:新人、現職の争いに 普天間争点、与野党対決

「国民の理解得られる状況つくる」=小沢氏、任意聴取に自信? (時事通信)
「全国の見本になるように」=秋田・減反反対派の代表に−農水相(時事通信)
特捜部捜索にオフィス街騒然(産経新聞)
小沢幹事長「毎度お騒がせいたしております」(読売新聞)
<政教分離訴訟>原告笑顔で会見 「地域の施設」困惑も(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。